2017年08月14日

山中慎介さんは滋賀県出身のボクシング世界チャンピオン

山中慎介.jpg


位置情報山中慎介(やまなかしんすけ)プロフィール
生年月日 :1982年10月11日
血液型 :B型
身長 :171cm (リーチ :174cm)
出身地 :滋賀県湖南市(旧・甲西町)
出身高校 :南京都高校(現;京都広学館高校)
出身大学 :専修大学商学部 (ボクシング部の主将)
アマチュア戦績 :47戦34勝(10KO・RSC)13敗
第65代日本バンタム級王者
第29代WBC世界バンタム級王者


パンチ戦績 BoxRec: Shinsuke Yamanaka
http://boxrec.com/en/boxer/344846

滋賀県出身の山中慎介選手は、世界チャンピオンとして地元でのイベント活動にも尽力され、湖南市民栄誉賞滋賀県プロスポーツ特別賞も受賞。

位置情報WBCバンタム級世界チャンピオン 山中慎介さんインタビュー
http://www.pref.shiga.lg.jp/person/shinsuke_yamanaka/index.html

位置情報山中慎介(やまなかしんすけ)選手の二十歳のころの回想記
http://goo.gl/5Zc4Wp

岩佐亮佑と山中慎介は最強のボクサー.jpg


私が初めて山中慎介選手の名前を覚えたのは、2011年に、日本バンタム級王者として初防衛戦に臨んだ試合がテレビ放送された時でした。
その試合相手は、岩佐亮佑(いわさりょうすけ)選手で将来の世界チャンピオンと期待される有望な選手で、私も実は、岩佐亮佑選手に注目してテレビ放送を見たのですが、結果は、山中慎介選手が10回1分28秒TKO勝ちで、岩佐亮佑選手は初黒星。 試合は激戦でしたが、山中選手の根性というか、ぶれない強さが印象的でした。
この試合で名声と評価を獲得した山中慎介選手は、8ヶ月後に、WBC世界バンタム級王座決定戦のチャンスをつかみ、見事、勝利してWBC世界バンタム級チャンピオンになりました。


ペン無敗のホープ対決が生み出した名勝負「山中慎介 v.s. 岩佐亮佑」(Number Web)
http://number.bunshun.jp/articles/-/102076


山中慎介のコークスクリュー・パンチ(コークスクリュー・ブロー)モレノ.jpg


防衛戦では、ビック・ダルチニアンや、リボリオ・ソリスや、アンセルモ・モレノなどの強豪を下し、防衛回数を重ねました。


ペン山中慎介はV12で“孤独”と戦った。(Number Web)
http://number.bunshun.jp/articles/-/827545

ペン山中慎介の左ストレートは今も輝く。(Number Web)
http://number.bunshun.jp/articles/-/826520

ペン山中慎介の「神の左」は、どうして避けられないのか?(sportiva)
https://goo.gl/4yZJwu




山中慎介の神の左(ゴッドレフト).jpg


私は、まるで、詰将棋のように追い込んで放つ「神の左ゴッドレフト)」と言われる山中選手の強烈な左ストレートがスロー再生された時、子どものころに見たボクシング漫画アニメ「あしたのジョー」で、ホセ・メンドーサの必殺技「コークスクリュー・パンチコークスクリュー・ブロー)」を思い出し、劇画的で芸術的なパンチに魅了されました。

あしたのジョー2.jpg

爆弾「あしたのジョー2」グッド(上向き矢印)











最強のプロボクサー
パウンドフォーパウンド.jpg


ボクシングは階級制ですが、全階級で体重差のハンデがない場合、誰が最強のボクサーであるかを指す「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」をアメリカの最も権威のあるボクシング雑誌「リングマガジン(The Ring Magazine)」が選んでランキングを発表しています。
その中で、山中慎介選手は、ベストテン入りしているのです。これは、大変名誉なことです。
もちろん、バンタム級では、他の団体(WBA,IBF,WBO,WBFなど)のチャンピオンよりも高評価です。



ペンPound For Pound (2017年5月1日現在)
https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=251

1位; アンドレ・ウォード
2位; ゲンナディ・ゴロフキン
3位; ローマン・ゴンサレス
4位; テレンス・クロフォード
5位; ワシル・ロマンチェコ
6位; ギジェルモ・リゴンドー
7位; セルゲイ・コバレフ
8位; サウル・アルバレス
9位; マイキー・ガルシア
10位; 山中慎介



His fighting heart is matched only by his consistency.

アンセルモ・モレノ選手に勝ったことや、長く王者に君臨していることが高く評価されたのですが、山中慎介選手の特長として「ブレない心」があるようです。



山中慎介と具志堅用高.jpg

左は、世界戦連続13回防衛記録を持つ具志堅用高さん

私の妄想「夢の対戦」
ボクシングの聖地・ラスベガスで、モンスターレフトを炸裂させて活躍した西岡利晃さんや、世界3階級制覇王者の長谷川穂積さんや、天才カリスマボクサーの辰吉丈一郎選手や、往年の名チャンピオン渡辺二郎さんらと山中慎介選手が対戦したらどんな試合になるのだろうか。今となっては、実現不可能ですが、想像するだけでワクワクします。










山中慎介とルイス・ネリ.jpg

イベントWBC世界バンタム級タイトルマッ
山中慎介 v.s ルイス・ネリ
2017年(平成29年) 8月15日



ペン追記

第4ラウンド2分29秒。 とうとう山中慎介選手が敗れてしまった。
奇しくもこの日(8月15日)は、終戦記念日。 複雑な気持ちです。



挑戦者、ルイス・ネリLuis Nery)選手は22歳のメキシコのボクサー。

パンチルイス・ネリ 戦績
http://boxrec.com/en/boxer/611983

今回の試合までメキシコ以外では試合をしていないようですが、無敗(23戦全勝17KO)で1位ですから、最強の挑戦者だと言えます。

試合開始後、パンチ力のある選手同士なので目が離せません。

山中選手は右ジャブで距離を保とうとするも、背の低いネリ選手が山中選手の懐に入ってきて振り回してくるフックやストレートの連打に後ずさりして、ペースがつかめない様子でした。

山中選手が顔面にパンチを受けた時、相手のパンチの衝撃を和らげるスリッピング・アウェーをしているように見えたのですが、あれを意図的にやっているのだとしたら冷静だと思いつつ、ますます目が離せません。
(スリッピング・アウェーといえば、昔、川島郭志選手が多用していたのを思い出しました。)

パンテラ(ヒョウ)の異名を持つネリ選手の勢いは止まらず、長身の山中選手は戦いにくそうでした。
(昔、渡辺二郎選手が長身のセルソ・チャベスに苦戦しながらも、チャベスの懐に入ってフックを放ちKO勝ちしたのを思い出しました。)

そして、第4ラウンド。連打を浴び続けているのを見て、大和心トレーナーがタオルを投入して試合が終わったのですが、山中選手はまだまだ意識もしっかりしていて、「え〜! なんで止めんねん!」という表情にも見えました。
山中選手の後輩でもある村田諒太選手も「最後まで目は生きていたと思います。」というように、タオル投入がなければ、レフェリー判断でストップすることはなかったと思います。

素人的な疑問ですが、負けることも想定して、タオルを投げるタイミングについて選手と陣営(セコンド、トレーナー、ジム会長など)との間であらかじめ相談するのだろうか?

かつて、具志堅用高選手がペドロ・フローレスにKO負けした時には、タオル投入されても仕方がないなという切ない気持ちになりましたが、今回の試合では、少し早かったかなという印象です。

トレーナーは、勝機がないと判断して、選手の体を心配しての行為だったのかもしれません。
山中選手もトレーナーを責めない旨のコメントをしましたが、不完全燃焼な気持ちは残ると思います。

ネリ選手はテクニカルで繊細な防御をしながらも、パンチ力があり、チャンスとみるやヒョウのようにステップインして、荒々しい連打の当て勘がよくて、上下の打ち分けも出来て、色々な引き出しを持っているレベルの高い選手だと思いました。

かつて日本人の世界チャンピオンに勝った相手で、後に偉大なボクサーになったリカルド・ロペスローマン・ゴンザレスらに、ネリ選手が匹敵するのかどうかは、もう少し試合を観てみたいところですが、ボクシングファンとしては注目したい選手です。

ただ、完敗と報じたスポーツ新聞もありましたが、私は、山中選手が完全に力を出し切ったようには思えません。ネリ選手の強さは、拳を交えた山中選手にしか分からないと思いますが、私は、山中選手にも勝機はあると思います。

ネリ選手がどれぐらい打たれ強いのか、ボディーは強いのか、今回の試合では分かりません。

山中選手も、やりきれない状態で試合が終わったことに悔しさを感じているようで、この悔しさは時間が経つにつれて、消えるどころか、増幅していくと思いますから、きっと、現役続行すると信じます。
34歳とはいえ、鍛え抜かれた体ときれいな顔で、まだ数試合はできると思います。
メキシコに乗り込んででも、失ったものを取り戻し、世界にアピールする。そんなストーリーを想像します。

山中選手は、中学生の時に、辰吉丈一郎選手の王座返り咲きの試合(シリモンコン戦)を見て、高校入学後にボクシングを始めたそうです。私もその試合に歓喜しましたが、山中選手もネリ選手のレバー(肝臓のある右腹部)に左パンチを入れて倒してほしいな。














NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
山中慎介プロフェッショナル 仕事の流儀.jpg

TV「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 プロボクサー・山中慎介」
http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0821/index.html
2017年(平成29年) 8月21日(月)
37年前の具志堅用高が持つ13回連続防衛の日本記録がかかる試合(対戦相手;ルイス・ネリ)への日々に密着。迫力のあるトレーニング風景や、家族とのプライベートタイムなど。











ボクシング雑誌
(ボクシングマガジン,ボクシングビート,ワールドボクシング)
ボクシング雑誌.jpg










アピア山中選手のトークショー・握手会・サイン会.jpg


アピア八日市店やフレスコ能登川店に入っている精肉店「肉のげんさん」が山中慎介選手のスポンサーで、アピアでは、山中慎介選手のトークショー・握手会・サイン会が開催されたりします。








ちなみに、能登川高校には、ボクシング部があります。インターハイで活躍する選手もいるようです。










<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
滋賀県東近江市の中学生の学習塾と家庭教師

かわいい中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。


当メルマガでは、東近江市の中学生(能登川中学校、聖徳中学校、玉園中学校、船岡中学校、永源寺中学校、五個荘中学校、愛東中学校、湖東中学校、朝桜中学校)の学校での定期テストの試験範囲を教えてくだされば、指導の参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



mail.gif

Eメール










揺れるハート滋賀県や東近江市の情報 掲示板

揺れるハート東近江市(能登川地区)故郷の町おこし

揺れるハート滋賀県の情報や話題 ツイッター

揺れるハート中学生の勉強法と高校受験 ツイッター









かわいい小さな幸せ

かわいい私の事典

かわいいありがとう

かわいい意味

かわいい癒しの動画 おすすめチャンネル










滋賀県内の観光スポット YouTube 動画

サーチ(調べる)日の出と大きな水車(能登川水車)滋賀県東近江市

サーチ(調べる)錦鯉が無料で見られる観光スポット(日本遺産で祈りと暮らしの水)

サーチ(調べる)秘境の滝「五色の滝」(段滝・段瀑・渓流瀑・ナメ滝・名瀑)

サーチ(調べる)美しい川の清流と願いが叶うという穴場パワースポット

サーチ(調べる)河内風穴(関西のおすすめ鍾乳洞・洞窟探検)家族連れスポット







posted by ミユパパ at 13:49| 滋賀県の情報