2017年09月22日

琵琶湖の水位と歴史

琵琶湖周航の歌(YouTube 動画)


るんるん琵琶湖周航の歌(心にしみる歌)


新聞の滋賀版には、天気予報とともに、「琵琶湖の水位」が掲載されていたりします。
自分の生活にはそんなに関係ないのに、ついつい見てしまう「琵琶湖の水位」。 滋賀県人あるあるだと思います。


ネットで調べてみたら、国土交通省のサイトには、10分毎の琵琶湖の水位の情報が確認できます。

位置情報琵琶湖の水位(国土交通省 水文水質データベース)
http://bit.ly/2xXz3X2

位置情報今日の琵琶湖(滋賀県の公式サイト)
http://www.pref.shiga.lg.jp/biwako/koai/suii/
琵琶湖の水温、透明度、溶存酸素など。

国土交通省 近畿地方整備局 琵琶湖河川事務所
http://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/index.php
琵琶湖の水位、洗堰放流量、雨量









賤ヶ岳からみた奥琵琶湖の景色
賤ヶ岳からみた奥琵琶湖の景色.jpg


琵琶湖は移動している!

琵琶湖は日本一広い湖ですが、日本で最も古い湖でもあります。
(世界では、バイカル湖、カスピ海に続いて3番目に古い湖だそうです。)


信じられませんが、琵琶湖は移動しています。
その昔(400万年前、アフリカで初期の人類が生まれた頃)、三重県の伊賀上野市あたりにあったそうです。地殻変動によって、現在の位置に落ち着いたようです。(滋賀県の面積の6分の1を占めます。)
もっとも、地殻変動は続いていますから、これから100万年後には、さらに変形・移動していきます。



位置情報琵琶湖ハンドブック
http://www.pref.shiga.lg.jp/biwako/koai/handbook/kaiteiban.html
第1章 琵琶湖のあらまし
第2章 琵琶湖を食べる・遊ぶ・学ぶ
第3章 琵琶湖と人の歴史
第4章 琵琶湖と人の暮らし
第5章 琵琶湖の地形と歴史
第6章 琵琶湖の気候と水循環
第7章 琵琶湖と生き物
第8章 琵琶湖と水質
第9章 水害と琵琶湖の水利用
第10章 琵琶湖と法令・制度等



位置情報琵琶湖のおいたち(琵琶湖博物館)
http://www.lbm.go.jp/tenji/atenji/guide/a2.html
琵琶湖の歴史。琵琶湖はいまの三重県上野盆地に誕生した大山田湖にまでさかのぼることができます。その後、400万年かけて北上し、現在の位置まで移動してきました。いまのように深くて、大きな湖になってきたのは、約40万年前のことです。

位置情報古琵琶湖の変遷と琵琶湖の形成
http://goo.gl/w9WcJG

位置情報古琵琶湖層(こびわこそう)
http://goo.gl/XbC8Pi

位置情報大津市科学館
http://www.otsu.ed.jp/kagaku/index.php
展示ホールでは、びわ湖の生い立ち・成り立ちが学べます。


滋賀観光.jpg



琵琶湖の深さ、平均水深は、約41m。最大水深は、約103m。
透明度は、約6m。


琵琶湖の周囲の距離(周囲長)は、241km。


位置情報ビワイチ(びわ湖一周サイクリング)
http://www.biwako1.jp









琵琶湖のほとりとアヒルの群れ(YouTube 動画)


サーチ(調べる)琵琶湖のほとりとアヒルの群れ(癒しの風景)


琵琶湖には119本の一級河川が流入しています。(川の多い都道府県ランキングがあれば、滋賀県は上位に食い込みそうです。)
一方で、流出する川は、瀬田川で、京都府では宇治川、大阪府では淀川と名前を変えて、大阪湾に至ります。(一部は、琵琶湖疎水で、京都市内に人工的に水を引いています。)
琵琶湖の水は、京都府、大阪府、兵庫県でも利用され、水道用水では近畿約1400万人が利用しているそうです。近畿の水瓶と言われる所以ですね。


琵琶湖に注ぐ川がたくさんあるのに、出口が瀬田川だけということで、琵琶湖の水があふれてしまわないのはなぜ?と思うのですが、水の一部は、蒸発しますから心配はありません。なお、琵琶湖の水位は、瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)で調節されます。

ちなみに、河川法という法律によると、琵琶湖は、一級水系「淀川水系」に属する一級河川だそうです。
(ほとんどの湖沼は「河川」として名称と範囲が指定されているそうです。)



位置情報琵琶湖と河川
http://goo.gl/W6Yuqf

位置情報琵琶湖疎水
http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000007153.html

位置情報一級河川と二級河川の違い
http://goo.gl/p81WGK

河川法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S39/S39HO167.html
この法律は、河川について、洪水、津波、高潮等による災害の発生が防止され、河川が適正に利用され、流水の正常な機能が維持され、及び河川環境の整備と保全がされるようにこれを総合的に管理することにより、国土の保全と開発に寄与し、もつて公共の安全を保持し、かつ、公共の福祉を増進することを目的とする。


びわ湖の日はいつですか.jpg



位置情報びわ湖の日(7月1日)
http://www.pref.shiga.lg.jp/biwako/koai/biwakonohi.html
1980年(昭和55年)7月1日、滋賀県は全国に先駆けて、びわ湖の富栄養化の原因となる窒素、りんの排出規制等を定めた「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)を施行しました。その翌年の1981年(昭和56年)、琵琶湖条例の施行1周年を記念して、7月1日を「びわ湖の日」と決定しました。


位置情報琵琶湖保全再生法(琵琶湖の保全及び再生に関する法律)
http://goo.gl/zkjhL2
琵琶湖の水質や生態系を守り、景観の整備や地域産業の振興も図るために国が財政支援をする法律が、平成27年9月28日に、公布・施行されました。




ここで、環境問題で重要な富栄養化について学習しましょう。

ます、始めにクイズです。
次の(1)〜(3)の湖のうち、魚がたくさん釣れる可能性が高いのはどの湖で しょうか。

(1) 底まで見通せるほど、水が透明できれいな湖。
(2) 豊富にあるケイ藻のせいで濁っている湖。
(3) 表面が絵の具をこぼしたょうに緑色になっている湖。


富栄養化という言葉だけを聞いて、どんなイメージを持ちますか?
栄養が富むという良いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?
私も、そうでした。
ところが、そうではないのです。
食物連鎖のバランスが保たれていればいいのですが、そのバランスが崩れて富栄養化してしまうと色々な問題が起きるのです。
クイズの正解は、(2)です。
食物連鎖では、植物プランクトン(光合成を行う微生物)を動物プランクトンが食べて、それを小魚が食べて、それを大きな魚が食べ、その魚が死ぬと微生物によって分解されて、、という関係になりますが、
(1) のような水が透明できれいな湖では、養分が少ないので、植物プランクトンも生息しにくいですから、結局、魚も生息しにくいのです。
また、(3) のような表面が緑色になっている湖は、水中の植物プランクトンが大量に繁殖したアオコの現象です。
表面が植物プランクトンでおおわれてしまうと、水中や底まで光が届きにくくなり、水中や底に、植物プランクトンが少なくなりますから、水中に溶けている酸素の量が不足します。また、植物プランクトンは、夜間には光合成をしませんから、ますます水中に溶けている酸素の量が不足して、魚類などは死んでしまいます。
そして、植物プランクトンも死んで死骸が底にたまると、底にいるバクテリアによって分解されますが、その時にも酸素が消費されますので、さらに、水中は酸素不足になります。
(2) では、豊富にあるケイ藻が光合成を行いますから、食物連鎖のバランスが保たれて、魚も生息しやすいのです。

富栄養化が進むと、植物プランクトンや藻が大量に発生します。そして水が濁り、見た目にも汚くなってドブのような悪臭を放ちます。
そこに住んでいる魚が捕れなくなるどころか、養殖もできなくなります。

アオコの現象の他には、赤潮や青潮の現象も見られます。


位置情報赤潮と青潮
http://bit.ly/QWarBb

では、富栄養化はどうやって起きるのか?
原因としては、生活排水に含まれる窒素やリンなどの栄養物質が水中で増加することが考えられます。
ちなみに、窒素やリン酸やカリウムは、肥料の三要素とも言われます。肥料にするぐらいですから、栄養が豊富です。
植物プランクトンは光合成しますが、自分では、窒素・リン酸・カリウムを作り出すことができませんから、それらの栄養物質が含まれた生活排水によって植物プランクトンが大量に発生してしまうのです。


富栄養化を防ぐにはどうすればいいか?
生活排水に含まれる窒素やリンなどの栄養物質を減らす努力が必要ですね。
私たちにできそうなことは、例えば、食後のお皿には、調味料の栄養分が残っていたりしますから、ある程度、汚れを拭き取ってから水洗いするのがよいと思います。
使用済みの天ぷら油を排水溝に流さないことも大事です。自治体によっては、廃食油を回収する運動をしているところもあるようです。
洗剤の中には、リン酸が含まれたりしますので、成分表を見て、なるべくリン酸が含まれないものを買うことも大事です。


位置情報石鹸・複合石鹸・合成洗剤の表示例の比較
http://www.sekken.genoa.jp/content/photo/ex6.htm

また、ヨシというイネ科の植物は、水中の窒素やリンを養分として吸い取るはたらきがありますので、富栄養化を防ぐことが期待されます。

位置情報ヨシの保全について
https://www.ohmi.or.jp/yoshi/


なお、富栄養化の問題でよく使用される水質の指標を以下に3つ記します。

ペン COD (化学的酸素要求量 Chemical Oxygen Demand)
主に、海域や湖沼の水質の汚濁を調べる時に用いられます。


ペン BOD (生物化学的酸素要求量 Biochemical oxygen demand)
主に、河川の水質の汚濁を調べる時に用いられます。


ペン TOC (全有機炭素 Total Organic Carbon)
最近では、水中の有機物濃度を示す指標として用いられます。



位置情報水の有機物指標
http://www.toraytechno.co.jp/technical_information/pdf/0502.pdf


なお、近年では、富栄養化の他に、地球温暖化が湖底の低酸素化につながる報告があります。
密度の違いで、暖かい空気は上昇して、冷たい空気は下降して、対流するように、
湖面付近の水温と、湖底の水温に差があると、湖水が対流するのですが、
地球温暖化によって、冬の水温が低くならないと対流がおきにくくなり、湖底に酸素が届きにくくなるのです。
さらに勉強したい人は下の参考サイトを御覧ください。


位置情報琵琶湖湖底の低酸素化
http://bit.ly/Rm7EyB

位置情報地球温暖化と琵琶湖の生態系
http://bit.ly/QW9dWy










おいしいお米「みずかがみ」は滋賀のブランド米
みずかがみ.jpg

かわいい「みずかがみ」グッド(上向き矢印)


近江米の「みずかがみ」は、平成28年産米の食味ランキングにおいて、2年連続最高ランクの「特A」に評価され、三日月大造・滋賀県知事ら滋賀県関係者が喜びにわきました。
ほどよい粘りとまろやかな甘みで、冷めてもおいしいお米です。

http://www.pref.shiga.lg.jp/g/nosan/files/tokua.pdf












琵琶湖とびわ湖の表記の使い分けと違い.jpg



琵琶湖」と「びわ湖」の表記の使い分けに法則があるのか、素朴な疑問です。

滋賀県のサイトなど、行政では「琵琶湖」で統一しているのかと思いきや「びわ湖の日」は「びわ湖」だし、観光情報では、「びわ湖」の表記が多く見られます。

この違いは何なのだろう?

琵琶湖との関わり合いが強い場合は、「琵琶湖」が多用され、
滋賀県(滋賀県内にある)という意味合いが込められている時は、「びわ湖」が多用されているように思うのですが、例外もあるようだし。。


琵琶湖大橋
琵琶湖博物館
琵琶湖汽船
琵琶湖周航の歌
琵琶湖ホテル
琵琶湖病院
琵琶湖大橋病院
琵琶湖中央病院


びわ湖放送
びわ湖バレイ,びわ湖テラス
びわ湖ホール
びわ湖大花火大会
びわ湖大津経済新聞
びわ湖大津プリンスホテル
びわ湖大津観光協会
奥びわ湖観光協会
びわこ競艇場


ちなみに、「びわこ競艇場」の正式名称は、「琵琶湖モーターボート競走場」だそうです。

びわこ成蹊スポーツ大学、びわこ学院大学などの学校名は、なぜか、「びわこ


どういうことでしょうか。。










<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
滋賀県東近江市の中学生の学習塾と家庭教師

かわいい中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。










揺れるハート滋賀県や東近江市の情報 掲示板

揺れるハート東近江市(能登川地区)故郷の町おこし

揺れるハート滋賀県の情報や話題 ツイッター









かわいい小さな幸せ

かわいい私の事典

かわいいありがとう

かわいい幸せになる方法

かわいい意味










滋賀県内の観光スポット YouTube 動画

サーチ(調べる)引接寺の万燈供養(非日常の世界を無料で楽しめる夏の灯りイベント)

サーチ(調べる)日の出と大きな水車(能登川水車)滋賀県東近江市

サーチ(調べる)錦鯉が無料で見られる観光スポット(日本遺産で祈りと暮らしの水)

サーチ(調べる)秘境の滝「五色の滝」(段滝・段瀑・渓流瀑・ナメ滝・名瀑)

サーチ(調べる)美しい川の清流と願いが叶うという穴場パワースポット

サーチ(調べる)河内風穴(関西のおすすめ鍾乳洞・洞窟探検)家族連れスポット

サーチ(調べる)禅寺の和泥水(和泥合水)地蔵尊







posted by ミユパパ at 19:49| 雑学