2016年01月31日

あいさつ運動

あいさつで広げよう地域の輪
あいさつ運動イラスト


能登川文化祭の時に配布されていたポケットティッシュに入っていたイラストが素敵だったので掲載します。

気持ちよくあいさつし合える社会って良いですね
晴れ








挨拶(あいさつ)漢字.jpg



挨拶は、常用漢字なので、書けるようになりたいです。

挨拶について、調べてみました。

「挨」の意味は、「押し進める。」、「近づく。」
「拶」の意味は、「迫る。」、「圧迫する。」

両語とも似たような意味で、「押し迫る。」というイメージですね。

挨拶の語源や由来を調べてみると、「一挨一拶(いちあいいつさつ)」という禅宗の言葉にたどり着きました。

禅問答という言葉があるように、禅宗では、悟りを開くための修行法として、問答を交わして相手の悟りの深浅を確認し、それを「一挨一拶」というようです。

現在の挨拶という言葉には、そこまで深い意味はないと思いますが、言葉を交わしながら相手の気分が伝わってきますし、礼儀としても大事ですね。

なお、(ぜん)とは、大乗仏教の一派である「禅宗」(ぜんしゅう)の略で、「心」そのものなんだそうです。
ちなみに、アップルコンピュータの創業者・スティーブ・ジョブズも禅に興味を持ち、傾倒されていたようです。



位置情報「禅とは」(大本山妙心寺)
http://www.myoshinji.or.jp/about/zen.html

位置情報「声かけ、あいさつ運動の事例」(山梨県)
https://goo.gl/VElPCJ

位置情報あいさつ川柳コンクール
http://goo.gl/yNJ5pY

位置情報手紙の基礎知識「時候の挨拶」
https://goo.gl/BuRcnx









<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
滋賀県東近江市の中学生の学習塾と家庭教師

かわいい中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。


当メルマガでは、東近江市の中学生(能登川中学校、聖徳中学校、玉園中学校、船岡中学校、永源寺中学校、五個荘中学校、愛東中学校、湖東中学校、朝桜中学校)の学校での定期テストの試験範囲を教えてくだされば、指導の参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



mail.gif

Eメール











揺れるハート滋賀県や東近江市の情報 掲示板

揺れるハート東近江市(能登川地区)故郷の町おこし

揺れるハート滋賀県の情報や話題 ツイッター









揺れるハート小さな幸せ

揺れるハート意味







posted by ミユパパ at 22:55| 日記

2015年12月22日

犬好きの我が家の愛犬はパピヨンです。

犬好きの我が家の愛犬はパピヨンです。
パピヨンの可愛い愛犬





我が家の自慢の愛犬は小型犬のパピヨンです。(メス犬です。)
もう14歳なので老犬の域ですが、元気です。

14年前、ペットショップで一目惚れしました。(パピヨンも「私を連れてって」という目でこちらをみていました。。) ちなみに値段は18万円くらいでした。


パピヨンのお手.jpg




パピヨン.jpg




パピヨン性格は、一般的に、人懐こくて頭も良いようです。ウチのパピヨン犬もその通りです。
ペットシーツを置いておくと、その上にオシッコをした後、自ら口を使って、ペットシーツを2つに折りたたんでいました。 綺麗好きのようです。

食事のエサは、基本的に、ドッグフードのみです。


愛犬.jpg




冬場は、寝床にこもっています。

癒されます。

今後も、愛犬の画像を掲載していきたいと思います。











<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
滋賀県東近江市の中学生の学習塾と家庭教師

かわいい中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。


当メルマガでは、東近江市の中学生(能登川中学校、聖徳中学校、玉園中学校、船岡中学校、永源寺中学校、五個荘中学校、愛東中学校、湖東中学校、朝桜中学校)の学校での定期テストの試験範囲を教えてくだされば、指導の参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



mail.gif

Eメール










揺れるハート滋賀県や東近江市の情報 掲示板

揺れるハート東近江市(能登川地区)故郷の町おこし

揺れるハート滋賀県の情報や話題 ツイッター











揺れるハート小さな幸せ

揺れるハート私の事典

揺れるハートありがとう










posted by ミユパパ at 00:16| 日記

2015年12月15日

葬儀社クリスタルで家族葬のお葬式を行いました。

葬儀社クリスタルで家族葬のお葬式を行いました。
家族葬




今年は、私の父親が他界しました。
死期を悟った父が生前、家族葬を希望していましたので、入院中から葬儀社(葬儀屋さん)を私が探すことになりました。

東近江市内で3社ほど訪れて、葬儀に関するパンフレットや冊子をいただきました。
そして、葬儀プラン(家族葬、葬儀費用など)が明瞭で、地理的なこと(父は能登川病院に入院)を考慮して、「クリスタルホール能登川」に決めました。

なお、他の葬儀社のパンフレットには、通夜、葬式に関する流れやマナーなどがわかりやすく解説されており、参考になりました。葬儀社の選択を考えておられる人は、何社か見学された方がよいと思います。

クリスタルは、一般葬はもちろん、家族葬も規模(参列者)に応じて、様々なプランを用意されています。費用は、参列者の人数によって、食事代金や粗供養(返礼品)などの変動はありますが、ある程度、明瞭ですので、後になって予想もしないような高額な請求をされるという心配はありません。

父は早朝に死去しましたので、クリスタルのフリーダイヤルに電話して、お迎えに来ていただきました。一旦、自宅に安置するか、直接、クリスタルホールに安置するか迷いましたが、ホールに送っていただくことにしました。

お世話になるお寺(浄土真宗の寺院)にも電話して来ていただき、枕経(故人の枕元であげていただくお経)をあげていただきました。

その後、喪主になる私と、クリスタルのFさん、お寺のご縁さんで、通夜、葬式の日程の打ち合わせを行いました。

あらかじめ父が希望していた家族葬プランを伝え、葬儀の流れをよく知らない私にもFさんが親切に教えてくださいました。特に、家族葬の場合は、どこまでの人に告知していいかが重要になります。広く告知してしまって、多くの人が参列されると、会場に入りきれないということになりかねません。
クリスタルホール能登川の場合は、家族葬は2階で行われるようで、40人ぐらいまでは十分に対応できそうです。

ご近所さん方には、手紙を書いて、葬儀は近親者による家族葬を行う旨を記して、配って回りました。
なお、滋賀県には、「悔やみ受け」という習慣があるようです。悔やみ受けとは、通夜の前や葬儀・告別式の日の早朝に、ご近所や町内の人たちが遺族にお悔やみの言葉を述べる為に自宅や式場においでになる風習です。
父は、生前、悔やみ受け香典を辞退する旨のメモ書きを残していましたので、ご近所さん方への手紙にもそのように記しました。

通夜・葬儀(葬式)・告別式も滞りなく進行し、斎場(布引斎苑;滋賀県東近江市瓜生津町2011番地13)に行き、火葬も終えました。

クリスタルのFさん始め、スタッフの皆さんには、親切にサポートしていただき感謝しています。


東近江市の葬儀社クリスタルホール能登川





位置情報クリスタルホール能登川
http://crystal-hall.co.jp/shoplist/notogawa/
所在地;滋賀県東近江市今町960-1番地










なお、父が一時退院して、自宅で生活していた時に、必要だと思って購入したポータブルトイレや、介護パジャマが、結局、未使用のまま残ってしまったので、必要な人に寄贈しようと思ったところ、老人クラブを通じて、社会福祉協議会に寄贈することにしました。
どなかに役立てていただけたら幸いです。


位置情報東近江市社会福祉協議会
http://www.higashiomi-shakyo.or.jp/kakusisyo/










<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
滋賀県東近江市の中学生の学習塾と家庭教師

かわいい中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。


当メルマガでは、東近江市の中学生(能登川中学校、聖徳中学校、玉園中学校、船岡中学校、永源寺中学校、五個荘中学校、愛東中学校、湖東中学校、朝桜中学校)の学校での定期テストの試験範囲を教えてくだされば、指導の参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



mail.gif

Eメール











揺れるハート滋賀県や東近江市の情報 掲示板

揺れるハート東近江市(能登川地区)故郷の町おこし

揺れるハート滋賀県の情報や話題 ツイッター








posted by ミユパパ at 07:02| 日記